1.何社からか見積もりを取りましょう。

  その見積書の内容で大切なのは、合計金額ではありません。どのような方法(下地

  処理や塗り回数)でどんな材料を使うかで違ってくるからです。

  すなわち、見積もりが安い=良い業者 とは限らない ということです。しっか

  り内容をチェックしてください。



2.地元の業者を選びましょう。

  地元で手抜き工事はできません。信用がなくなると仕事もなくなります。

  遠方の業者だとアフターケアも心配です。



3.塗りに来る業者を確認しましょう。

  実際に塗りに来る業者が元請け(自社施工)の方が中間マージンが無い分一般的

  に良い業者(工事と価格のバランスが良い)と言えるでしょう。(下図A、B、C)





  ですが、当然経費を多く取る元請け業者もあるので(上図D、E)、その判断は難し

  いですが、あくまで一般的にということです。


以上3つのポイントを挙げましたが、これらを考慮した上で、最後は「信頼」、「信

用」できる業者選びが重要です。


      

    見積り後、当社に依頼が決まりますと、塗装後のイメージを何パター

    ンかカラーシミュレーションいたします。